1. TOP
  2. ムダ毛処理に1番おすすめな方法は?定番の方法といっしょに大紹介

ムダ毛処理に1番おすすめな方法は?定番の方法といっしょに大紹介

 2017/04/07 ボディケア  
脱毛して脚がきれいな女性

女性のボディケアで欠かせないことといえば、ムダ毛の処理ですね。

多くの女子が定期的にムダ毛を処理していることでしょう。

そのなかで、「もっと楽にきれいに毛の処理ができたらいいのに」と感じたことはありませんか?

意外とあまり知られていませんが、実はムダ毛の処理の仕方はたんさんあるのです。

そこで今回は、ムダ毛処理のおすすめの方法定番の方法をまとめて紹介していきます。

ぜひ1番自分に合ったムダ毛処理をする参考にしてください。

おすすめの方法から先に知りたい方は、以下をクリックしてください。
おすすめのムダ毛処理はこちら

Sponsored Link

ムダ毛の処理方法を選ぶポイント

たくさんあるムダ毛処理方法ですが、それぞれにはっきりとした特徴があります。

自分にベストな方法を見つけるために、その特徴を知っておかなければなりません。

脱毛法の特徴は、主に以下の項目で判断することができます。

・即効性

今生えている毛を処理する効果はどうか?

・持続性

ムダ毛を処理してから次に毛が生えてくるペースはどうか?

・肌への優しさ

皮膚や毛穴への負担は小さいか?

・お手軽さ

処理するのに手間や時間がかからないか?

・コスト

お金はかからないか?

 

各ムダ毛処理法の説明の最後に、項目毎にA・B・C・D・Eの5段階評価もしているので参考にしてみてください。

定番のムダ毛の処理方法

まずは、多くの女性がおこなっている定番のムダ毛処理方法についてお伝えしていきます。

おすすめの方法を先に知りたい方は、以下をクリックしてください。

おすすめのムダ毛処理方法はこちらから

カミソリ

カミソリの画像

カミソリを使ってムダ毛を剃ることは、最も定番な処理方法です。

一気に大量の毛を落とすことができるうえ、カミソリ自体も安く手に入ります。

ただし、デメリットも大きいです。

まず、肌に与えるダメージがとても大きいです。

カミソリを使うと、どうしてもムダ毛と一緒に皮膚も削ってしまうのです。

カミソリを使うときは、毛を剃る前にシェービングフォームなどを塗って肌をできるだけ保護するようにしましょう。

また、カミソリの他の欠点として毛がすぐに生えてくることがあります。毛を剃ってから数日すると肌が黒くポツポツと目立ってしまいます。

カミソリを使ったムダ毛処理の評価

・即効性…A

生えている毛をすぐになくすことができます。

・持続性…D

数日たてば生えてきます。

・肌への優しさ…D

刃で肌を傷つけてしまいがちです。

・お手軽さ…B

1回で剃れる範囲がひろく、それほど処理に時間がかかりません。

・コスト…A

安いカミソリであれば100円程度で購入できます。

・総合評価…C

ムダ毛処理の応急処置には向きますが、メインでおこなうには向いていません。

電気シェーバー

電気シェーバーの画像

電動式のシェーバーをつかえば、カミソリよりも楽にムダ毛を剃ることができます。

カミソリの刃が直接肌にあたらないため、肌へのダメージも少なめです。

デメリットは、カミソリに比べると費用がかかってしまうことです。

電動シェーバーはカミソリのように数百円で買うことはできず、最低でも1,500円ほどします。

また、刃を直接肌に当てないため深剃りができず、毛が肌に残ってしまいがちです。

仕上がりをきれいにツルツルにしたい方には向かない方法といえます。

電気シェーバーを使ったムダ毛処理の評価

・即効性…A

カミソリと同じく、毛をすぐになくすことができます。

・持続性…E

毛を深くそることが困難なため、仕上がりがきれいにならず持続性も悪いです。

・肌への優しさ…B

毛の深剃りができない分、肌へは優しめです。

・お手軽さ…A

電動式なので、カミソリよりも楽に毛をそることができます。

・コスト…C

標準的な性能のものを買うとなると、5,000円ほどします。

・総合評価…C

お手軽で肌を傷つけにくいメリットがありますが、仕上がりがきれいになりにくいのがデメリットです。

毛抜き

ピンセットの画像

ピンセットなどを使ってムダ毛を抜くと、処理後の肌がきれいに仕上がります。

肌の奥からを毛を抜くので、生えてきた毛が目に見えるまで時間がかかり、処理した後も肌がきれいな状態が続きます。

いっけん、メリットが目立つ毛抜き処理ですが、大きなデメリットもあるので注意が必要です。

最も気をつけたいのが、毛を抜くことで埋没毛という症状を引き起こしてしまうことです。

埋没毛とは、皮膚のなかで毛が埋もれてしまったまま成長してしまうことです。

埋もれた毛は黒く見えてしまったり、肌の炎症を起こす原因となってしまいます。

毛抜きの欠点としてほかにも、肌を傷めたり、抜くときに痛みをともなったりすることがあります。

以上により、ムダ毛を自分で抜いていく方法はデメリットが大きすぎるので、やめておいた方がいいでしょう。

毛抜きを使ったムダ毛処理の評価

・即効性…A

すぐに見た目の毛をなくすことができます。

・持続性…B

毛を根元から取り除くので、次に毛が生えてくるまでの期間は長いです。

・肌への優しさ…E

埋没毛などのリスクがあるぐらい毛穴への負担は大きいです。

・お手軽さ…E

毛を1本1本抜いていくのはかなりの手間となります。

・コスト…A

安いピンセットなら100円ほどで買うことができます。

・総合評価…D

仕上がりがきれいなのは魅力ですが、毛穴のトラブルのリスクが高いのでオススメできません。

除毛クリーム

除毛クリームの画像
出典:www.cosme.net

ムダ毛のところに塗り、じばらく置いて毛が溶けた後に流すだけで処理ができる除毛クリーム。

お手軽にきれいにムダ毛を処理するのにおすすめの方法です。

クリーム自体も市販で1,000円ほどで購入することができます。

ただし、クリームの薬剤が肌に負担をかけるため、肌荒れがしやすい方は注意が必要です。

カミソリと同じく、処理してもすぐに毛が生えてくるのも難点です。

除毛クリームを使ったムダ毛処理の評価

・即効性…A

毛をすぐに処理することができます。

・持続性…D

数日たつと毛は生えてきます。

・肌への優しさ…D

薬剤を塗ることによる肌への負担は大きめです。

・お手軽さ…A

薬剤を塗ってから溶けた毛を洗い流すだけです。

・コスト…B

1,000円ほどあれば購入できます。

・総合評価…C

肌に負担がかかるので、肌が強い人向けの一時的なムダ毛処理法です。

脱毛ワックス

脱毛ワックスの画像

固まるジェルタイプのワックスを使えば、広範囲のムダ毛を一気に抜くことができます。

毛を根元からしっかり抜いてくれるため、数週間はムダ毛の処理をすまなくてよくなるのが大きなメリットです。

しかし、毛を抜いて処理しているため埋没毛を起こす可能性があるのが問題です。

ワックスをはがすときに痛みもあり、ワックスも2,000円~3,000円するためコスパもよくないです。

肌の弱い日本人にはあまりオススメの方法ではないといえます。

脱毛ワックスを使ったムダ毛処理の評価

・即効性…A

一瞬でムダ毛を根元から処理できます。

・持続性…B

毛を根元から抜くので、ツルツルした肌が続く日は長めです。

・肌への優しさ…E

毛を抜くというやり方のため、負担が大きくて痛みも感じます。

・お手軽さ…A

肌に塗ったワックスをはがしとるだけで完了します。

・コスト…C

3,000円ほどで大体のワックスが買えます。

・総合評価…D

持続性とお手軽さはメリットですが、肌トラブルが怖いのでオススメできません。

オススメのムダ毛処理方法

ここからは、ムダ毛処理のオススメ方法について紹介しています。

長い目でみると、ここで紹介する方法のなかから選ぶのが理想です。

除毛スプレー

除毛スプレーのデリーモの画像

除毛スプレーを使った脱毛方法は最近とても人気で注目されています。

自宅でお手軽にムダ毛を処理したい女性に最適といえるでしょう。

1番おすすめのムダ毛処理方法といっても過言ではありません。

除毛スプレーには注目すべきメリットがたくさんあるのです。

①簡単に使える

除毛スプレーはシュッとムダ毛に吹きかけた後、時間をおいて洗い流すだけで処理が完了します。

②ムダ毛を毛の根元から取り除くことができる

除毛スプレーに含まれる成分は、毛穴の奥までしっかり浸透して毛を溶かしてくれます。

そのため、処理してから毛が生えてくるまでの期間を長くすることができます。

③肌に優しい

除毛スプレーには美容成分が豊富に配合されているため、肌にやさしいのもうれしいポイントです。

肌にやさしいことは、カミソリや脱毛ワックスにはないメリットなのです。

④抑毛効果もある

除毛スプレーには抑毛成分も含まれているため、ムダ毛の処理を繰り返しているうちに毛が薄くなっていきます。

自宅にいながら完全に脱毛することも可能なのです。

 

いいとこだらけの除毛ですが、唯一デメリットをあげるとすれば価格が高めなことでしょうか。

1本4,000円ほどします。ただ、価格以上のメリットは十分ぐらいあるといえるでしょう。

除毛スプレー「デリーモ」について詳しく知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

デリーモの画像

 

 

除毛スプレーを使ったムダ毛処理の評価

・即効性…A

処理後は毛がなくなってツルツルになります。

・持続性…B

処理を続けることで、毛が薄くなっていきます。

・肌への優しさ…B

美容成分が多く含まれるため、肌には優しめです。

・お手軽さ…A

スプレーして毛を溶かし、洗い流すだけです。

・コスト…C

1本あたり4,000円ほどします。

・総合評価…B

とてもバランスのとれたムダ毛処理方法です。

脱毛サロン

サロンで永久脱毛をする女性

お金と時間に余裕がある方は、脱毛サロンに通うのが最もオススメです。

サロンやクリニックに通えば、ほぼ確実に永久脱毛することができます。

サービスもプロがおこなってくれるので安心です。

かかる料金はどこまでの範囲まで脱毛をするかによって変わりますが、全身をおこなう場合の相場料金は20万~30万ほどです。

サロンに通う合計回数は10回~20回ほどです。毛深い人ほど多く通う必要があります。

やはり高額なのと、サロンまで通うのが手間なのがデメリットとなります。

脱毛サロンでのムダ毛処理の評価

・即効性…E

脱毛サロンのサービスは毛を生えてこなくすることなので、生えている毛の処理はできません。

・持続性…A

サロンに通い続けることで永久的な脱毛をすることができます。

・肌への優しさ…A

基本的にプロが施術してくれるので肌の負担は少ないです。

・お手軽さ…D

サロンでは特に何もしませんが、サロンまで通うのに時間がとられます。

・コスト…D

全身を完全に脱毛するとなると、20~30万ほどのお金がかかります。

・総合評価…B

お金とがかかることとサロンまで通うことを抜くと、最もおすすめな方法です。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器の画像

出典:www.amazon.co.jp

自宅で脱毛サロンのような永久脱毛処理をおこないたいのであれば、家庭用の脱毛器を使うのがオススメです。

最近は高性能な家庭用脱毛器が販売されているので、自宅にいても脱毛サロンのような処理をすることが可能です。

脱毛器の光をムダ毛に照射し続けると、ムダ毛が徐々に薄くなっていきます。

自宅にいていつでも脱毛処理ができるのは家庭用脱毛器を使うメリットといえるでしょう。

デメリットは、脱毛器をムダ毛に照射し続けることが手間なことです。

即効性もないので、根気よく続ける必要があります。

また、脱毛器の価格がそれなりにかかり、1台30,000円~80,000円ほどします。基本的に、高額のものの方が脱毛効果が高くなります。

家庭用脱毛器を使ったムダ毛処理の評価

・即効性…E

脱毛サロンと同じく、生えている毛の処理はできません。

・持続性…B

使い続けることで毛が生えてこなくなりますが、サロンでの処置より効果が劣ることが多いです。

・肌への優しさ…A

光の照射なので、痛みをたまに感じることがありますが肌へのダメージは少ないです。

・お手軽さ…D

何カ所も照射していく作業がかなり手間になります。

・コスト…C

脱毛力がしっかりしたものだと、60,000円ほどします。

・総合評価…B

手間がかかるのは難点ですが、自宅で本格的な脱毛ができるのは評価できるポイントです。

まとめ

いかがでしたか?

ムダ毛の処理の仕方はたくさんあります。

特にオススメなのは、「除毛スプレーを使う」「脱毛サロンに通う」「家庭用脱毛器を使う」です。

ぜひそれぞれの特徴を知ったうえで、あなたに合ったやり方を選ぶようにしてください。

 

最近は、自宅で簡単にムダ毛の処理できて抑毛効果がある除毛スプレーがとても人気です。

サロンやエステに通うお金がない女性は、まず除毛スプレーを試してみるのはどうでしょうか?

除毛スプレー「デリーモ」についての詳細は以下の記事をチェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

女子力の極意|あなたの秘めた女子力は無限大の注目記事を受け取ろう

脱毛して脚がきれいな女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女子力の極意|あなたの秘めた女子力は無限大の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • もう臭いとはこれでサヨナラ!効果的なブーツの臭いの取り方10選

  • 脇が臭くなるのを防ぐ!脇のにおい対策としてやるべき7つのこと

  • 【2017年】厳選!わきがクリームランキングTOP5

  • アソコがかゆいならココ!アソコのかゆみとなる原因15と対策

  • どれを選ぶ?メリット・デメリットがすぐわかる8つの脱毛方法まとめ

  • ベタベタ足を解消!足汗がひどいときにやるべき6つの対策