1. TOP
  2. ボディケア
  3. 早めに知っておきたい!おりもののニオイの原因となる6要因

早めに知っておきたい!おりもののニオイの原因となる6要因

 2016/09/25 ボディケア  

ただの分泌物でなく、膣内を洗浄してくれたり、受精の手助けをしてくれたり、と女性にとって大切な「おりもの」

この大切なおりものですが、鼻ではっきるとわかるぐらいニオイを感じてしまい、不快に思ってしまったことはありませんか?

おりもののニオイは基本的に無臭か、もしくは少しすっぱいぐらいなのですが、ニオイがはっきりと認識できる強さである場合は何かしらの原因があります。

ここでは、おりもののニオイの原因となる要因とその対策についてまとめているので、おりもののニオイを解消させるための参考にしてください。

陰部のかゆみが気になる方や、アンダーヘアの処理方法について知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

⇒ アソコがかゆいならココ!アソコのかゆみとなる原因15と対策

⇒ これで迷わず決めれる!下の毛を処理する11方法を詳しく紹介

①陰部の雑菌繁殖によるニオイ

陰部のニオイを気にしている女性

陰部はもともと雑菌が繁殖しやすい環境であるため、雑菌繁殖によっておりもののニオイが強くなることがあります。

陰部には脇と同じく、アポクリン線と呼ばれる汗腺が多くあるため、脂質やタンパク質を含んだ汗が排出されています。

雑菌がこの成分の汗を分解するので、不快なにおいとなりやすいのです。

おりもののニオイや、アソコのニオイの原因として多いのが、この雑菌の繁殖によるものです。

陰部に関するトラブルは、まずは清潔な状態であるかを確認しましょう。

通気性の良い下着を着用する

ストッキングやタイツなどを長時間履き続けていると、陰部が蒸れやすくなりがちです。

着用する場合はなるべく通気性の良いものを着用して、陰部が清潔な状態を保つようにしていきましょう。

陰部を優しく洗う

陰部の雑菌はお風呂に入ったときにきっちりと洗い流しましょう。

雑菌が十分に洗い流されずに溜まったままだと、おりもののニオイが強くなることにもつながりますし、かゆみの原因ともなってしまいます。

洗うときの重要なポイントですが、必ず優しく洗うようにしてください。

陰部の膣内には善玉菌といわれる、膣内の環境を良好に整えてくれる菌が常駐しています。

ごしごし強く洗うとこの善玉菌がなくなってしまい、自浄作用が弱まってしまいます。

自浄作用が弱まると、雑菌が発生しやすくなりニオイの原因となってしまうのです。

こうなってしまうと、洗ってるのに臭くなるということに陥ってしまうので優しく洗うことを忘れないでください。

陰部を優しく洗うために、石鹸やソープを直接塗ったりはせず、顔を洗うようによく泡立ててから洗うようにしましょう。

泡だけが陰部に触れるようにして、手は触れないように注意していきましょう。

最近は陰部を洗う用の石鹸なども販売されているので、そういったものを使用してみるのもおすすめです。

陰部は他の身体の部位に比べると、酸性が強いのですが、陰部用の洗浄商品はそれに合わせて作られています。

陰部であるデリケートゾーンのケア方法についてはこちらの記事が参考になるので、こちらも是非チェックしてみてください。
⇒ もう男性に嫌われない!正しいアソコのケアで愛されモテ女子に

②ストレスからくるホルモンバランスの崩れ

ストレスを感じて女性ホルモンが乱れている女性

睡眠不足、不規則な生活などによるストレスを抱えていると、おりもののニオイとなることがあります。

ストレスを過度に抱えてしまうと、体内のホルモンバランスが崩れてしまいます。

ホルモンバランスが崩れてしまうと、陰部の膣内の善玉菌が減少してしまい、雑菌が繁殖することとなり、おりもののニオイへとつながってしまうのです。

普段からストレスをため込まないように、以下のような生活を心がけていきましょう。

  • 睡眠を十分確保する
  • 規則正しい生活をする
  • 定期的に運動をする
  • 自分の趣味の時間を持つ

③抗生物質の服用によるニオイ

抗生物質を含風邪薬

風邪薬などに含まれている抗生物質を服用すると、膣内の善玉菌が殺菌され、膣内の自浄洗浄作用が低下してしまうことがあります

なので、雑菌が繁殖しやすくなる環境になり、おりものがにおってしまう原因となりうるのです。

体力が落ちてしまっている状態だと、その可能性は高まります。

風邪などを治すために抗生物質を含んだ薬を飲む際は、おりもののニオイに原因となるかもしれないことを覚えておきましょう。

おりもののことだけに限りませんが、薬は副作用が伴うので必要以上に飲むことは控えましょう。

④食事が原因によるニオイ

体臭を強くしがちな動物性脂肪の多い食品

口に含むものによって体内で体臭がきつくなる環境となり、おりものがにおってしまう原因になりえます。

おりものが臭いと感じた時の食生活はどうだったか思い返して確認してみましょう。

ニオイの原因となりやすい食品

①動物性脂肪を多く含む食品

肉類・牛乳・チーズなどの動物性脂肪が多く含まれている食品は陰部の悪玉菌を増殖させる原因となりるため、摂取しすぎると強いにおいとして表れることがあります。

②糖分が多い甘いもの

ケーキ・チョコーレートなどの甘いスイーツも摂りすぎるとにおう原因となりがちです。
体内の悪玉菌は糖分もエサとするので、糖分が大量にあるとそれを食べてどんどん増殖していきます。

③アリシンを含んだ野菜

ニンニク・ネギなどにはアリシンと呼ばれる、においの原因となる成分が多く含まれています。
これらの食品を食べた直後のおりものがにおうことがあります。
体の健康にとてもいい食べ物なので摂取することはいいのですが、デートの日など大切な人と会うときはにおいの影響を出さないようにしておきたいところです。

食べてもニオイの原因となりにくい食品

食べると体臭の原因となりやすい食品がある一方、逆に食べてもニオイにくい食品もちゃんとあります。

  • 豆類 (豆乳・味噌なども)
  • 野菜
  • 果物
  • 海藻類
  • 梅干し

この中でも豆類の大豆は特におすすめの食品です。

大豆イソフラボンと呼ばれる成分が豊富に含まれていて、体にもよくて、ニオイの原因となりにくい万能食品です。

ここで紹介した食品はにおい対策だけでなく、健康、美肌にもとても有用な食品なので、積極的に摂取していくことをおすすめします。

⑤生理前はおりものがにおいやすい

生理前によりホルモンバランスが崩れている女性

生理前は体内のホルモンバランスが変化する時期なので、それによっておりものが臭くなりがちです。

普段エストロゲンと呼ばれている女性ホルモンが皮脂の分泌を抑えてくれているのですが、生理前になるとこのエストロゲンの量が低下してしまいます。

エストロゲンの低下により、皮脂量が抑えられずに増加してしまうので、陰部の皮脂腺が皮脂で詰まりがちになります。

そして、たまった皮脂はそのまま酸化していくので、おりものがにおってしまう原因となってしまうのです。

また、生理前は体温が高くなることが多く、もともと雑菌が繁殖しやすい陰部が高温になることにより、普段よりも雑菌が繁殖しやすくなります

そのこともニオイの原因となる要因なのです。

生理自体は避けることのできないことですが、デリケートゾーンを清潔な状態に保つことは普段の心がけや手入れで可能です。

対策できることはおこなって、生理前になってもニオイが強くなるのを極力おさえられるようにしていきましょう。

⑥病気のサインによるおりもののニオイ

おりもののニオイの原因が病気であることを説明する医師

おりものは体の健康状態を教えてくれる重要なサインでもあるので、病気がある場合、おりもののニオイとして表れます。

おりものは酸性なので、少し酸っぱい程度のにおいがすることは正常な範囲です。

しかし、魚のような生臭さがあったり、異常に強いにおいがしたりする場合は、以下で紹介している病気に感染している可能性があります。

また、においだけでなく、色や形状にも変化がみられることが特徴です。

病気の場合はそのまま放っておいても治療されることは難しく、最悪は不妊の原因になるといった怖いことがおこってしまうことがあります。

おりもののニオイに異常を感じる場合は、早めに医師に診てもらうようにしましょう。

子宮頸(しきゅうけい)がん

子宮頸がんは40歳から50歳ぐらいの女性がよく発症していましたが、最近は20代の女性の方でも発症する方が増加してきています。

子宮の入り口部にできるこちらのがんですが、性行為によるウイルス感染によって発症します。

おりものへのニオイの影響として悪臭を放つようになります。

また、生理時以外で出血が伴うことがあります。

放置していると妊娠が困難となったり、進行がすすむと最悪は死亡の可能性もある怖い病気ですので、異常を感じたらすぐに医師に診察してもらいましょう。

淋病(りんびょう)

淋病とは性感染症で、性行為による淋菌の感染によっておこる病気です。

おりものが強いニオイを発し、膿のように黄色いのが特徴です。

淋病も放っておくと不妊症の原因となったりするので注意しましょう。

クラミジア

最も有名で感染者が多い性感染症といえばこのクラミジアです。

発症原因は性行為によるもので、20代の人でも20人中3人がクラミジアに感染中と言われています。

クラミジアに感染するとおりものが強いにおいを発するようになり、おりものの色も黄色や緑色になったりします。

その他の症状として下腹が痛くなったりしますが、クラミジアは体で感じる症状が出にくいので、おりものの変化のサインに気づくようにしましょう。

クラミジアは症状が進むと不妊症に繋がってしまうこともあるので、異常を察知したらすぐに診てもらうようにしましょう。

トリコモナス膣炎(ちつえん)

トリコモナス原虫という微生物が膣内で炎症を起こす感染症をトリコモナス膣炎といいます。

こちらに感染すると、おりものが独特なにニオイを発するようになり、そのニオイは魚の腐ったようなニオイと例えられています。
また、おりものの色が黄色や黄緑色で泡立っているのも特徴です。

陰部のかゆみとなったり、免疫力が低下したりするので、おりものに思い当たる症状があれば医者に相談しましょう。

カンジダ膣炎(ちつえん)

カンジダ膣炎は誰もが体内に存在している真菌、いわばカビ菌が異常繁殖することで発症する病気です。

おりもののニオイが生臭い魚のような悪臭を放つことがあり、形状が白くヨーグルトのようにドロッとしていることが特徴です。

陰部の痛みやかゆみも伴うので、異変を感じたら医師に診てもらうようにしましょう。

細菌性膣炎(さいきんせいちつえん)

細菌性膣炎は膣内の雑菌が繁殖し過ぎ、炎症をおこしている状態です。

おりものが魚の生臭さ腐ったチーズ硫黄などのニオイがするのが特徴です。

他の症状として陰部にかゆみを感じたりします。

細菌性膣炎は陰部を清潔にすることで改善されるので、清潔な状態を保つようにしていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

おりもののニオイは生活スタイルや病状が原因となって強くなったりします。

おりものが普段と違って何か臭いな、と感じたら思い当たる原因はないか確かめてみましょう。

そして、改善に向けてできることをやっていきましょう。

特に、病気が原因でおりものがにおっている場合は、早期に治療していかないと取り返しがつかないことになりかねないので、すぐに行動するようにしましょう。

 

また、おりもののニオイ対策として特に大事なのが、陰部を清潔な状態にしておくことです。

普段から陰部のケアはしっかりしておきましょう。

ただ、陰部の正しいケアの仕方は意外と難しく、知らない女性が多いのが現状です。

こちらの記事で正しい陰部のケアについて解説しているので、是非チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

\ SNSでシェアしよう! /

女子力の極意|あなたの秘めた女子力は無限大の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女子力の極意|あなたの秘めた女子力は無限大の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 臭い女になってない?対策すべき男が気にする女性のニオイTOP7

  • 意外と臭ってる?パンプスが臭いときに試したい9つの対策

  • 除毛スプレーのデリーモが革命的!デリーモの効果や口コミまとめ

  • アソコを洗うならアンボーテで楽ちん!アンボーテの魅力的な効果とは

  • ムダ毛処理に1番おすすめな方法は?定番の方法といっしょに大紹介

  • もう男性に嫌われない!正しいアソコのケアで愛されモテ女子に