1. TOP
  2. ボディケア
  3. 頭が臭い女はNG!頭皮が臭いときに対策すべき9つのこと

頭が臭い女はNG!頭皮が臭いときに対策すべき9つのこと

 2017/04/30 ボディケア  
頭皮が清潔な女性

自分でもわかるぐらいの頭のニオイに驚いたことはありませんか?

実は、頭のニオイに悩む若い女性は以外にも多く、毎日シャンプーしてるのに臭いと悩む女性もいます。

頭が臭い原因のほとんどは頭皮にあり、特に頭皮は体の中でも皮脂の分泌が盛んな場所なので、どうしても臭くなりがちです。

逆に、ニオイの原因を知り、正しい対策をおこなえば頭皮のニオイをおさえることは可能です。

今回は、頭皮が臭くなるの防ぐためにできることを紹介していくので、頭が臭い女にならないための参考にしてみてください。

※頭皮の原因である皮脂を効果的に取り除くには、炭酸シャンプーを使ったケアがおすすめです。炭酸シャンプーについては、こちらの記事を参考にしてみてください。

ルメントの効果が予想以上!芸能人も愛用するルメントの魅力とは?

Sponsored Link

意外と臭い女性の頭

自分の頭皮のニオイが気になる女性

女性の頭はいい匂いがすると思われがちですが、現実はそんなことはありません。

女性の頭も男性と同様に臭いときは臭いのです。

マイナビニュースによる「20代~30代の女性の頭皮のニオイ調査」では、女性の頭皮は十分に臭いことが判明されています。

シャンプーしてから24時間後の頭皮のニオイを測定するといった内容だったのですが、対象女性の平均の数値は「59」という結果でした。

この「59」という数値ですが、アメリカザリガニのニオイ数値が「10」なので、女性の頭皮はアメリカザリガニの6倍臭いということになるのです。

頭は鼻の上部にあるため、ニオイが強くても自分では気づきにくいですが、周囲の人はニオイを気にしていることが多いため注意しなければなりません。

男性も女性の頭のニオイを気にしている

平均して、女性よりも男性の方が身長が高いため、男性の鼻あたりに女性の頭がくるという状況はよくあることです。

そのため、「大好きな彼女を抱きしめたら、頭皮のニオイが強烈でビックリした」というふうに、女性の頭皮のニオイが気になったことがある男性は少なくありません。

女性の髪はいい匂いがすると幻想を抱いている男性は多いため、実際は鼻をつまみたくなるほど臭かったとなるとショックが大きいのです。

特に好きな男性に「頭皮が臭い女」と思われてしまうのは、なんとしても避けるようにしたいところです。

頭皮のニオイのセルフチェック方法

今の自分の頭皮のニオイはどの程度なのか気になってきた方もいるのではないでしょうか?

そんなときは、頭皮のニオイのセルフチェックをしてみるといいでしょう。

自分の頭皮を直接嗅ぐことはできませんが、間接的に嗅ぐ方法はいくつかあるのです。

頭皮のニオイのセルフチェック方法

①頭皮を指で触って嗅いでみる

指の腹で頭皮を触り、触った指のニオイを嗅ぐと簡単に頭皮のニオイのチェックができます。

簡単ですが、最もニオイがわかりやすい方法です。

指が不快なニオイがしたら頭皮は臭い状態ということになります。

頭皮の状態はシャンプーしてから経過した時間で変わるので、1日に何度かチェックしてみるといいでしょう。

②枕カバーのニオイを嗅ぐ

毎日使っている枕カバーに、頭皮のニオイが移っていることがあります。

よくかぶる帽子があるなら、帽子の中のニオイを嗅いでみるのもいいでしょう。

③ドライヤーの風を後ろからあててニオイを嗅ぐ

ニオイがあると風に乗って鼻までくるため、頭皮のニオイを確認することができます。

頭皮が臭くなる原因

皮脂が分泌された頭皮

そもそも、どうして頭皮は臭くなってしまうのでしょうか?

頭皮のニオイの対策をするうえで欠かせない、臭くなる原因についてお伝えしていきます。

皮脂の過剰分泌

頭皮がにおう主な原因は、皮脂にあるといっても過言ではありません。

皮脂は頭皮の状態を健康に保つためになくてはならないものですが、過剰な量はトラブルを招いてしまいます。

特に、頭皮は体の中でも皮脂の分泌が盛んな場所で、その分泌量は顔のTゾーン(おでこと鼻)の2倍とされているほどです。

分泌されたばかりの皮脂はそれほどニオイはないのですが、時間がたつと空気に触れて酸化してしまうのがニオイが発生する原因です。

また、頭皮には常在菌という菌が存在するのですが、この菌は皮脂をエサにして増殖するという特性を持っています。

そして、菌が繁殖するたびに脂肪酸が排出されるため、ニオイをより強くしてしまいます。

頭皮のニオイを対策するうえで、皮脂の量を適切にするのは大きな課題となります。

汗のかかない冬こそ注意

冬は汗をあまりかかないし、頭皮のニオイも大丈夫、と思っていませんか?

確かに夏に比べて冬は汗をかきません。

しかし、油断してはいけません。

冬でも皮脂は分泌されますし、人によっては夏以上に皮脂が分泌されるので注意しなければなりません。

冬の季節の大きな問題は、頭皮が乾燥してしまうことです。

頭皮が乾燥してしまうと、頭皮はうるおいが不足していると認識し、うるおすために皮脂を過剰に分泌させてしまうのです。

特に女性は男性に比べて頭皮が乾燥しやすく、乾燥による皮脂過剰な状態になりがちです。

乾燥した皮脂がなさすぎる状態もよくないことも覚えておきましょう。

頭皮のニオイの対策方法

ここからは、いよいよ本題である頭皮のニオイ対策についてお伝えしていきます。

①正しいシャンプーをする

丁寧にシャンプーする女性

毎日正しいやり方でシャンプーすることはニオイ対策の基本です。

シャンプーはやり方がとても重要で、正しくシャンプーできていないと、ちゃんと洗っているのに頭が臭い、といったことになってしまいます。

正しいシャンプーの仕方をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

正しいシャンプーの仕方

①髪のブラッシングをする

髪を洗う前にブラッシングしておくと、髪についた大きなホコリなどを落とせるので、シャンプー効果を高めることができます。

②予洗いをする

シャンプーする前に、予洗いをしっかりおこなうようにします。

髪を濡らす予洗いは、シャンプーの泡立ちをよくしてくれると同時に、頭皮や髪の汚れをほとんど落としてくれます。

予洗いの時に使う水は、38℃ぐらいのぬるま湯を使うようにしましょう。

③シャンプーをよく泡立てる

予洗いをした頭は泡がたちやすい状態になっていますが、シャンプー剤は頭に直接つけずに手のひらで泡立ててから使うようにします。

④頭皮をマッサージするように洗っていく

シャンプーを泡立てたら、両手の指の腹をつかって頭皮を洗っていきます。

洗うときのポイントは、優しくマッサージするようにすることです。

頭皮のニオイが気なるからといって、爪を立てて強く洗ってしまうことは絶対にやめましょう。

頭皮に刺激を与えてしまうと傷ついてしまい、傷口に雑菌がたまって繁殖するなどしてニオイを発生させる原因となります。

⑤すすぎを十分におこなう

シャンプーで頭皮を洗ってあげるのと同時に大事なのが、すすぎです。

しっかりシャンプーで洗えたとしても、シャンプーの泡が頭皮に残ってしまうと、ニオイを引き起こしてしまいます。

すすぎは最低3分はかけ、泡の落とし忘れがなくなるまで十分におこないましょう。

⑥トリートメントやコンディショナーをつける

トリートメントなどの髪の保護剤は髪を中心につけ、頭皮にはあまりつけないようにします。

⑦トリートメントやコンディショナーをすすぐ

トリートメントやコンディショナーをすすぐときは、髪のベタつきが落ちる程度までおこなうのがポイントです。

シャンプーほど念入りにすすぐ必要はありません。

⑧タオルドライをおこなう

清潔なタオルを使い、頭をポンポンと押さえるようにして髪の水分を拭きとります。

ゴシゴシと強くこすることは髪を傷めてしまうのでやめるようにしましょう。

⑨ドライヤーを使って乾かす

シャンプーして濡れた頭皮や髪は、必ずドライヤーを使って乾かすようにしてください。

頭皮や髪が濡れた状態を放っておくと、雑菌が繁殖してニオイやフケを発生させてしまいます。

ドライヤーを使うときは、まず頭皮から乾かし、だんだん毛先に向かって乾かしていくようにいます。

注意点は、ドライヤーの先と髪の距離は最低10cmはあけるようにし、1ヵ所に熱をあて続けないことです。

髪は熱に弱いことも覚えておきましょう。

②使っているシャンプーを見直す

アミノ酸系シャンプーの画像

自分に合ったシャンプーを使うこともとても重要なことです。

どれだけ正しく頭皮を洗っていても、使うシャンプーが悪ければ台無しになってしまうことがあります。

ちゃんとシャンプーしているのに、なかなか頭皮が臭いのが改善されない場合はシャンプーに原因があるかもしれません。

シャンプーには主に以下の3種類があります。

  • 高級アルコール系シャンプー
  • せっけん系シャンプー
  • アミノ酸系シャンプー

頭皮環境を整え、ニオイを改善させたいのであれば、シャンプーはアミノ酸系のものを選ぶことをオススメします。

人間の皮膚はアミノ酸でつくられているため、アミノ酸でつくられたシャンプーが最も肌に合っていて優しいのです。

アミノ酸系シャンプーを使ったヘアケア習慣を続けていると、頭皮の状態が劇的に改善されることが期待できます。

 

一方、なるべく避けた方がいいシャンプーは残りの種類の「高級アルコールシャンプー」と「せっけん系シャンプー」です。

これらのシャンプーは、市販の安いシャンプーのほとんどに当てはまります。

安くて買いやすいのはうれしい点ですが、合成界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウムなど)が含まれているのが大きな問題です。

合成界面活性剤は肌への負担がとても強く、肌に必要な皮脂まで奪ってしまいます。

そして、頭皮の乾燥を招き、乾燥を防ぐために大量の皮脂が分泌されてしまい、頭皮の悪臭を引き起こしてしまうのです。

これまでに高級アルコール系シャンプーやせっけん系シャンプーを使ってきた方は、1度アミノ酸系シャンプーを使ってみるといいでしょう。

アミノ酸系シャンプーはほとんどの人間に合うように作られているので、シャンプーをアミノ酸系に変えただけで頭皮のニオイが改善される場合があります。

③紫外線対策をおこなう

強い紫外線を出す太陽

日光の紫外線が肌に悪く、シワやシミの原因となることはよく知られてします。

しかし、紫外線が頭皮や髪にも悪いことはそれほど知られていません。

頭皮が紫外線を浴び続けると、刺激を受けて皮脂を過剰に分泌したり、角質がはがれやすくなって常在菌のエサを増やしたりし、ニオイが出る原因をつくってしまいます。

また、髪のツヤがなくなったり、抜け毛が増えやすくなるのも問題です。

頭皮のトラブルが気になる方は、頭部の紫外線対策もおこなっていった方がいいでしょう。

対策として、日焼け止めスプレーを頭にふきかけるのが簡単でオススメです。

定番ですが、帽子をかぶるのもいいでしょう。帽子をかぶる場合、長時間かぶっていると蒸れてにおってしまうので、こまめに換気するようにしましょう。

④定期的に頭皮の大掃除をおこなう

シャンプーを中心とした正しいヘアケアをおこなえば、頭皮のニオイをかなりおさえることができます。

しかし、ちゃんとシャンプーしていても、皮脂や汚れは少しづつたまっているものです。

なので、定期的に頭皮の大掃除をおこなってあげると、より快適な頭皮環境にすることができます。

頭皮クレンジングを使う

椿油の画像
出典:www.amazon.co.jp

顔のメイクを落とすのに、クレンジングをするのはご存知かと思います。

頭皮クレンジングとは、その名の通り、頭皮をクレンジングして毛穴につまった皮脂や汚れを一掃することです。

定期的に頭皮のクレンジングをおこなうと、頭皮のニオイはもちろん、きれいな髪を育てることもできます。

やることも簡単で、クレンジングオイルをシャンプー前に頭皮につけ、マッサージした後に流すだけです。

炭酸を使ったヘアケア

炭酸のパワーを使った頭皮のスペシャルケアも効果抜群でオススメです。

頭皮の炭酸ケアは、美容院のメニューにもある「炭酸ヘッドスパ」が一般的で、すでに利用したことがある方もいるのではないでしょうか?

シュワシュワとした炭酸の泡は毛穴の奥まで入り込み、つまっている皮脂や汚れを取り除いてくれるのです。

毛穴につまった汚れを取り除く炭酸

炭酸ヘッドスパを定期的に取り入れれば、悩み知らずの頭皮になることが夢ではないでしょう。

炭酸ヘッドスパサービスを受けるには、美容院やサロンの利用が最も確実ですが、お金がそれなりにかかるのがデメリットです。1回あたり4,000円~5,000円が相場料金です。

そのため、頻繁に何度も通うのは難しいことだと思います。

そこでオススメしたい方法が、炭酸シャンプーを購入して自宅で炭酸ヘッドスパをすることです。

最近は、自宅で炭酸ヘッドスパができるようにと、たくさんの炭酸シャンプーが販売されています。

なかでも注目のシャンプーが「ルメント」です。

ルメントの画像

ルメントには、美容院で使われる炭酸シャンプー以上に高濃度な炭酸が含まれているため、自宅にいながら美容院を超えるほどの炭酸ケアをすることができるのです。

ルメント1本あれば、頭皮のニオイやかゆみなどに悩まないことが期待できるでしょう。

ルメントについての詳しくは以下をチェックしてみてください。

 

 

⑤食事に気をつける

冷奴の画像

頭皮のニオイ対策としてやるべきことは外側からだけのことではありません。

内側からのケアも大切なことです。

特に、食べているものは体臭に大きな影響を与えます。

脂っこいものや甘い物が好きでたくさん食べる方は注意しましょう。

油分が多い食べ物を食べると、どうしても皮脂が分泌されやすくなってしまうのです。

ニオイを改善させるなら、脂質の高いものをほどほどにしておきましょう。

逆に、頭皮のニオイを防いでくれる積極的に食べたい食べ物は、ビタミンが豊富な緑黄色野菜や、女性ホルモンバランスを整えてくれる大豆です。

⑥睡眠を十分にとる

熟睡中の女性

女性には、皮脂の過剰分泌をおさえてくれる女性ホルモンが体内に存在しています。

しかし、この女性ホルモンは生活習慣が悪いと乱れてしまい、皮脂が余分に分泌されてしまうことにつながります。

生活習慣の基本ともいえる睡眠は、特に女性ホルモンに影響します。

女性ホルモンを正常に整えるために睡眠不足は避けるようにし、十分な睡眠をとる生活をこころがけましょう。

⑦ストレスをため続けない

趣味の時間を大切にしてストレスを発散する女性

ストレスも女性ホルモンの状態に大きく関わっています。

ストレスをためこんだ日が続くと、ホルモンバランスが崩れて皮脂が過剰分泌され、頭皮が臭くなってしまうことがあります。

現在はストレス社会とも言われており、普通に生活をしていてはストレスはたまってしまうのは仕方がないことです。

なので、ストレス対策はたまったストレスを発散させることを中心におこないましょう。

ストレスを発散させるには、自分の趣味に打ち込んだり、部屋でアロマをたいたりしてリラックスするのがいいでしょう。

⑧運動を適度にして汗をかく

運動していい汗をかく女性

運動をすると、汗をかいて頭皮も臭くなるといったイメージがありませんか?

確かに、運動してかいた汗と皮脂を放っておくと一時的に臭くなりますが、臭くなりにくい頭皮にするために適度な運動は大事なことです。

運動が不足していると、汗を出す汗腺の働きが鈍ってしまい、頭皮につまった皮脂もスムーズに排出されないといったことが起こります。

こうなると、皮脂が毛穴につまりやすくなってしまうので、頭皮からニオイが発生する元になってしまいます。

頭皮の毛穴を正常な状態にしておくには、適度な運動をすることは欠かせないのです。

運動する時間がなかなかとれない方は、湯船に使って汗をかくようにするといいでしょう。

⑨枕カバーを定期的に交換する

汚れた枕カバーの画像

頭が臭くなる原因として意外と見落としがちなのが、使い続けて臭くなってしまっている枕カバーです。

枕カバーが臭いと、枕に頭を置いて1日眠った次の朝には、頭皮や髪にニオイが染みつくことになってしまいます。

せっかく清潔でにおわない頭皮にするための習慣をおこなっていても、枕カバーが臭かったら意味がなくなってしまいます。

定期的に枕カバーは交換していくようにしましょう。

間違った対策方法

バツサインを出す女性

頭皮が臭いときにやってしまいがちな間違った対策についても紹介しておきます。

1日に何度もシャンプーする

臭いから臭いところをよく洗って対策する、というのはよくありがちなことです。

しかし、1日に何度も頭皮を洗ったりしてしまうと、逆に余計に臭くなってしまうことになりかねないので注意が必要です。

ご説明してきたとおり、頭皮を洗いすぎてしまうと乾燥を招き、乾燥を防止するために皮脂が大量に分泌されてしまうのです。

1日にシャンプーするのは1回で十分です。

よく洗えばニオイは解消することはないことを覚えておきましょう。

香水やコロンをかける

ニオイが気になるかといって、香水やコロンを頭部にふきかけるのはやめましょう。

香水などには消臭する効果はないので、ニオイを根本的に解決させることはできません。

消臭できないだけでなく、場合によっては頭皮のニオイと香料が混ざって余計に不快なニオイになってしまうことがあるので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

頭皮が臭いのをおさえるためには、皮脂の分泌をおさえることを中心におこなっていく必要があります。

そのためには、今回ご紹介してきたシャンプーによるヘアケアや、体内環境を整えてあげることが大切です。

毎日の習慣を見直し、ぜひできるところから改善させていきましょう。

そして、頭皮のニオイが気にならない生活を1日でも早く手に入れてください。

 

記事中でもお伝えしましたが、定期的に炭酸を使った頭皮ケアをしてあげるのが効果的です。

そして、頭皮ケアをしていくのであれば自宅で「ルメント」を使う方法が最もオススメです。

ルメントがあれば美容液で炭酸ヘッドスパを受ける以上に頭皮をすっきりさせることが可能です。

ルメントの詳細については以下をチェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

女子力の極意|あなたの秘めた女子力は無限大の注目記事を受け取ろう

頭皮が清潔な女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女子力の極意|あなたの秘めた女子力は無限大の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 臭い女になってない?対策すべき男が気にする女性のニオイTOP7

  • 股が臭いなら要チェック!股が臭くなる原因とやるべき対策

  • 使ってよかった!夜まで汗とニオイを防ぐ足サラの効果がすごい!

  • あなたは大丈夫?意外と気になってしまう女性の体臭の原因8つ

  • まんこの臭いを一発解消!まんこが臭う原因7つとその対策

  • 女子力を上げるならココ!女子力を劇的にアップさせる27の秘訣