1. TOP
  2. ダイエット
  3. 痩せた自分の姿に感動!知っておきたい本当に痩せるダイエット

痩せた自分の姿に感動!知っておきたい本当に痩せるダイエット

 2017/01/28 ダイエット  
ダイエットをしてスリムボディーになった女性

「太った自分の体型を変えたい!」
「モデルのようなスタイルになりたい!」

このように理想を描きながらダイエットをしてみたものの、痩せなかった…

といった経験はありませんか?

ダイエットに失敗してしまうのは、「正しい方法ができていない」「継続できていない」ことが主な理由です。

逆にいうと、正しいダイエット方法を続けることができれば、誰でも痩せてスタイルアップすることができるのです。

というわけでここでは、実践すれば本当に痩せるダイエットの仕方についてお伝えしていきます。

これからダイエットしようと考え中の方はぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

痩せるために大切なこと

ダイエット成功の秘訣を教える女性

痩せたいのであれば、基本に忠実にダイエットに取り組むのが1番です。

そして、ダイエットの仕方の基本は以下の2つです。

  • 食事管理をして摂取カロリーを減らす
  • 運動をしてカロリーを消費する

この2つはダイエットを経験したことがあることは知っていると思いますが、やはりこれが王道の痩せる方法なのです。

摂取カロリーを減らすことやカロリーを消費することは楽ではありませんが、これができないと痩せることは難しいです。

キツイから楽をしようとして、酵素ドリンクや痩せるお茶などの飲めば痩せる商品に頼ってしまうといつまでたっても痩せることはないでしょう。

本気でダイエットに成功したいのであれば、楽をせずに基本を大事にしていく心構えを持つようにしましょう。

それでは、次からは具体的なダイエットの方法についてお伝えしていきます。

摂取カロリーを減らすためにやるべき食事管理

摂取するカロリーを減らすと聞くと、食べることをひたすら控えればいいと考えてしまう方が結構いますが、それは大きな間違いです。

確かに食べる量を極端に減らすと体重は落ちます。

しかし、普段の生活に戻るとすぐに元の太った体型に戻ってしまうリバウンドが起こってしまいます。

一時的に痩せて、そのあとすぐに太ってもいいという方はあまりいないはずです。

目指しているのは、ずっとスリムな体型でいることではないでしょうか?

スリムな体型をずっと維持するためには健康的に痩せることは必須です。

健康的に痩せるためのポイントは、食べ過ぎないことと食習慣です。

この項目では、効果的な食事のポイントについて紹介していきます。

間食しない

痩せるために間食を控える女性

間食をすることはダイエットの大敵です。

口がさみしいからといって間食が習慣になってしまっている方は注意した方がいいでしょう。

間食でよく食べられる甘いお菓子やファーストフードは糖分・油分がたくさん含まれているので、ちょっとのつもりでも太る原因をつくってしまうのです。

間食をする習慣がある方は、まず間食を少なくすることから始めてみましょう。

実際に、間食をやめただけで痩せることができた方はたくさんいます。

一時期太っていた「西野カナさん」がスリム体型にまで痩せることができたのも、間食するのをやめたことが1番大きかったようです。

食べる時間帯に気をつける

同じ食品を同じ量だけ食べていても、太りやすくなってしまう時間帯があります。

その時間帯とは、寝る前の時間のです。

夜寝ているときは胃の活動が止まっているので、食べたものの消化が進みません

消化されない食べ物は、脂肪として身体に表れやすくなり、結果として太ってしまうことになるのです。

なので、夜遅くに夕食を食べることが習慣になっている方は、その食習慣を見直した方がいいでしょう。

食べてから寝るまでの時間はできるだけ空くように工夫をしていきましょう。

ちなみにですが、夜更かししながら間食をすることは絶対にやめましょう。

夜の間食は身体に太ってください、としているようなものです。

夕食を減らして朝食を多く食べる

朝食をたくさん食べる女性

同じ量を食べても身体に吸収されるカロリーを減らしたいのであれば、夕食を減らして朝食を多く食べるのがオススメです。

理由は、朝は1日の活動がまだまだ残っているので、朝食で摂取したカロリーが自然と消費されやすいためです。

逆に、夜はもうほとんど寝るだけの状態なので、夕食で摂取したカロリーは体内でたまりやすく脂肪となりやすいのです。

現代の方はどちらかというと朝食が少ないか抜くことが多く、夕食にがっつりと食べる方が多いですが、これは太りやすい食生活なのです。

そのため、痩せたり、痩せやすい体質になるのは夕食を減らして朝食を多くするスタイルに変えていくのが理想です。

どうしても食べてしまうのには理由がある

無性に食べたいのが我慢できずに食べてしまう女性

ここまでに、間食をなくしたり、夕食を減らしたりすることをお伝えしてきましたが、これらのことは食事制限の基本であるので、もしかしたら知っている方も多かったかもしれません。

しかし、知っていたとしても継続して思うように食事制限ができたでしょうか?

食べたら太るので食べないようにしたいと思っても、気づけば食べてしまっていた…

といったことはなかったでしょうか?

実は、これは女性なら誰にでもありうることなのです。

女性は子供を産むという妊娠の使命があるため、養分をたくさん体内に取り込もうとする本能が働き、食欲が男性に比べて盛んになります

また、栄養を身体にためこもうという体質も備えているために、脂肪がつきやすい身体にもなっています。

元気な赤ちゃんを産むという女性の使命感が自分の意志とは関係なく働いているのです。

そのため、食べるのを控えるのは女性の食べたくなる気持ちに勝たなくてはならないことなので、想像以上にツライことなのです。

ダイエットに挑戦するけれど、食事制限が続かずに挫折してしまう女性が多いのはこのような理由があったのです。

それではいったい、どうすればいいのでしょうか?

1番理想なのは、食べたくなる気持ちに負けないようにして食べるのを我慢することです。

理想のスタイルになろうと思ったら、摂取カロリーをおさえることは避けれないことなのです。

しかし、食べるのが大好きであったり、間食が習慣になってしまっている方にとって、急に食事制限は厳しいことでしょう。

食べたい気持ちをなんとかしておさえたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください。
無性に食べたくなる食欲を防ぐならコレ!

カロリーを効果的に消費する運動

健康的に痩せるために、食べ過ぎないようして摂取するカロリーを減らすことが大切なことをお伝えしてきました。

そして、同時に大切なのが、摂取したカロリーを効率的に消費することです。

カロリーを消費させるのに効果的なのは、ダイエットの王道でもある運動です。

ただ、運動することが痩せるために必須と思って運動に取り組む方は多いですが、運動して痩せるにも正しいやり方があることを知っておかなくてはなりません。

いくら運動しても間違ったことをしていれば痩せることが難しくなります。

痩せもしない運動を続けていると、運動することが苦痛なだけになってしまい、運動をやめてしまって結局ダイエットが失敗してしまうというのはよくある例です。

ここでは正しい運動ダイエット方法についてお伝えしていきます。

有酸素運動と無酸素運動を取り入れる

無酸素運動である筋トレをしている女性

運動して痩せるために大切なことは、有酸素運動無酸素運動の両方をおこなうことです。

有酸素運動とは、ウォーキングやジョギングなど酸素をたくさん使う運動です。
無酸素運動とは、筋トレなど瞬間的に負荷をかける酸素をあまり使わない運動です。

ダイエットのためにジョギングなど有酸素運動ばかりをする方が目立ちますが、これではなかなか痩せにくいのです。

実は、有酸素運動だけで消費できるカロリーは意外と少ないのです。

例えば、ジョギングの消費カロリーは以下の計算で出すことができます。

消費カロリー = 体重(kg) × 距離(km)

体重が50kgの人が2kmの距離をジョギングした場合の消費カロリーはこちらになります。

消費カロリー = 50kg × 2km = 100キロカロリー

計算結果のとおり、100キロカロリーです。

ご飯1杯分のカロリーがおおよそ150キロカロリーなので、2kmのジョギングをしたとしても、ご飯1杯分のカロリーも消費していないのです。

たとえ頑張って10kmの距離をジョギングしても、500キロカロリーにしかならないのです。

これでは運動が続かずに途中でダイエットが挫折してしまうのも無理はありません。

有酸素運動は確かにカロリー確実に減らす運動ではあるのですが、有酸素運動だけでは効率が悪いのです。

では、有酸素運動の効率を上げるためには何が必要なのでしょうか?

そうです。無酸素運動です。

無酸素運動は有酸素運動運動のようにカロリーを消費することは期待できませんが、基礎代謝を上げるという大切な役割があります。

基礎代謝とは、何もしていなくても勝手に身体のカロリーが燃焼されていく人間が持つ特性です。

この基礎代謝が高ければ、寝ているときでもカロリーがある程度は消費されていきますし、有酸素運動をしたときのカロリー消費効率も上がるのです。

つまり、基礎代謝を上げる無酸素運動は痩せやすい体質づくりにしてくれる働きがあるのです。

有酸素運動と無酸素運動の両方をおこなうのが必要な理由をまとめると、

無酸素運動をすることで痩せやすい体質になり、その状態でカロリーを消費する有酸素運動をすることで効率的に痩せることができるからです。

これからダイエットのために運動をしようと考え中の方は、ぜひこの有酸素運動と無酸素運動の必要性について覚えておきましょう。

有酸素運動と無酸素運動の効果を最大限に活かす方法

有酸素運動と無酸素運動の重要性についてお伝えさせていただきましたが、より効果的な方法についてもお伝えします。

それは、無酸素運動から先におこなってから有酸素運動をおこなうことです。

筋トレなどの無酸素運動をすると、体内でホルモンやアドレナリンが分泌されるので脂肪の燃焼率をアップさせてくれるのです。

この脂肪が燃焼されやすい状態で脂肪を燃焼する効果のある有酸素運動をおこなえば、より脂肪が燃焼されるので痩せるのが早くなるのです。

ぜひこの各運動をするする順番についても意識してみてください。

運動しても痩せないのは理由がある

運動しているのに痩せないことに落ち込む女性

繰り返しになりますが、人間が生きているうえで常にカロリーを消費してくれている基礎代謝があります。

痩せるためには基礎代謝を高めることが成功の秘訣です。

そして、基礎代謝をあげるためには筋トレなどの無酸素運動をすることが効果的なこともお伝えしました。

しかし、基礎代謝を上げようとしても思うようにうまくいっていないことがあります。

これには人間であれば仕方がない理由があります。

それは、加齢による基礎代謝の低下です。

女性も男性も20歳ころをピークに基礎代謝力が低下していくので、20歳以降からどんどん痩せにくく太りやすい身体になっていくのです。

基礎代謝が加齢によって低下していくのを表したグラフ

10代の頃は細くてスタイル抜群だった人が20代になって太ってしまう方がいるのは、この基礎代謝の低下が大きく関係しているのです。

よって、無酸素運動による基礎代謝の向上が加齢による基礎代謝低下を超えていなければ、痩せることが難しくなってしまうことがあります。

低下してくる基礎代謝を補う方法として、運動量を増やす食事の量を減らすことがあります。

しかし、ただでさえ痩せるために必要な運動と食事制限に、基礎代謝の低下を補うために運動と食事制限を上乗せするのは苦痛極まりない方も多いでしょう。

なので、お手軽に体内から基礎代謝を上げて痩せやすい体質にしてくれる方法も紹介しておくので、こちらの記事もチェックしてみてください。
加齢による基礎代謝の低下に負けない方法はコレ!

その他、痩せるために効果的なこと

ダイエットの基本である食事管理と運動以外にも、痩せるために効果的なことがあるので紹介しておきます。

余裕があればダイエット活動に取り入れてみるといいでしょう。

レコーディングダイエット

食べたものとカロリーを記録している女性

レコーディングダイエットとは、1日に食べた食事とカロリーをひたすら抜けなく記録していくといったダイエット方法です。

自分の口にしているカロリー量を目で見てわかるようにすることで、自分が食べ過ぎていることに気づかされ、自然と食事制限ができるようになっていくというのが目的です。

やること自体が簡単なので、続けやすいのがうれしい点です。

ヨーグルトを食べる

ヨーグルトの画像

ヨーグルトを食べるダイエット方法は、間食をやめて痩せることに成功した「西野カナさん」も取り組んでいたダイエットです。

ヨーグルトには腸内環境を整えて太る原因となる老廃物を体内にためないようにしてくれるので、ダイエット中に適した食品なのです。

食後のデザートにヨーグルトはどうでしょうか?

注意点として、ヨーグルトを食べるときは砂糖などで甘い味付けをし過ぎないことです。

甘くしすぎると糖分を摂りすぎになるので、間食しているのと変わらなくなってしまいます。

まとめ

いかがでしたか?

ダイエットで成功するためには、正しい食事管理と運動について知り、それを継続することです。

正しい食事と運動を続けることができれば、あなたがダイエットで成功する確率はグッと上がるでしょう。

今までダイエットをしてきたけど失敗してしまった方や、これからダイエットを始めようとする方も、今回の内容をぜひ参考にして理想のスタイルを実現させてください。

 

記事中でもお伝えしましたが、女性特有の食べたくなる気持ちが強いことと、加齢による基礎代謝の低下は、ダイエットを頑張るあなたに立ちふさがる壁となります

これに打ち勝つためのマル秘の方法は、こちらの記事を参考にしてみてください。

きっと、頑張るあなたの想いをサポートしてくれる強い味方となってくれるでしょう。

↓ ↓ ↓

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

女子力の極意|あなたの秘めた女子力は無限大の注目記事を受け取ろう

ダイエットをしてスリムボディーになった女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女子力の極意|あなたの秘めた女子力は無限大の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 「絶対に痩せたい」と強く思うあなたに知っておいてもらいたい3つのこと

  • 痩せやすくて太らない!ダイエット中におすすめの食品17選

  • 食欲を抑える7つの方法!食べ過ぎない生活習慣も紹介!

  • どんどん痩せ体質に!ブラックジンジャーのダイエット効果を大紹介!

  • 置き換えるだけ!バナナダイエットの効果的なやり方と痩せる理由

  • 痩せたいのに食べちゃうのはなぜ?無性に食べたくなるその理由とは!